ハプティックラボ探検隊 [探検先]FabCafe MTRL
FabCafe MTRLに怪しいバイオ施設を発見!
気になるラボを探検する本コーナー。今号のテーマは「マテリアル」ということで、東京・渋谷のコワーキングスペース、FabCafe MTRL(ファブカフェマテリアル)を探検。プロデューサーの小原和也(弁慶)さんにお話を聞きました。
https://mtrl.com/shibuya/

—何で工具だらけなんですか?

小原:ここは素材にこだわったモノ作りを誘発するためのコワーキングスペースなんです。最先端のものから伝統素材まで、対象は様々です。

—いろんな人が自由に座ってノートパソコンで作業してますね。

小原:多くはレジデンス会員のみなさんです。2階のフロアを自由に使ってもらっています。会員の方は1階のFabCafeのメニューも40%オフになっていて、カフェから連続的に続くスペースとして活用してもらってます。

—素人には手を出しづらい怪しげな機械もいっぱいありますよ。

小原:3Dプリンターやレーザーカッター、木工用の切削工具なんかもあります。奥にはちょっと秘密のスペースもあるんです。

—話しちゃったら秘密にならないじゃないですか。で、何があるのでしょう?

小原:バイオハッカーのための秘密研究所です。

—それはヤバそうですね。でも見せてください。

小原:秘密ですが、ご覧ください。ここでは、バイオ系プロジェクトなどが行われています。現在は、ザックリ言うと肉を増やす研究のために場所を提供しています。

—おお、本当にバイオですね。
コワーキングスペースとしては懐が深すぎませんか?

小原:最先端の面白い人たちが集まる空間であってほしいんです。実際たくさんの先端な人が集まっていますよ。私たちは勉強会やワークショップを開催して、そんなコミュニティーの活性化をお手伝いしてます。最近は人が集まり過ぎちゃって、ここに顔を出すといろんな人と会って会話が弾んで仕事になりません(笑)。

—それはうれしい悲鳴ですね。私もぜひ利用してみたいと思います。ところで、何で名前が(弁慶)なんですか?

次の探検へ続く


Copyright © 2015-2020 NTT研究所発 触感コンテンツ専門誌ふるえ