ブックレコメンド
「おいしさ」の錯覚
最新科学でわかった、美味の真実

チャールズ・スペンス(著)、長谷川 圭( 翻訳)/ KADOKAWA(出版社)
おいしさの多感覚体験を科学するイグノーベル賞受賞者による一冊です。
ことばは味を超える
美味しい表現の探求

瀬戸賢一 (著)/ 海鳴社(出版社)
言葉は感覚を分類するだけでなく、新たな意味を作り出します。
発酵の技法
世界の発酵食品と発酵文化の探求

Sandor Ellix Katz(著)、水原 文(翻訳)/ オライリー・ジャパン(出版社)
世界中の発酵食品の製法を教えてくれるだけでなく、発酵の文化を知るガイドブックでもあります。

Copyright © 2015-2020 NTT研究所発 触感コンテンツ専門誌ふるえ