[特集] 調理のテクノロジーがもたらす新感覚
発酵が持つ身体性・社会性を探る

「食」とは、身体との接触とは切り離して考えられない存在です。ただし、人にとっての食事は、単に咀嚼し嚥下するだけの行為ではありません。『ふるえ』17号では、「食」と人とのさまざまな接点を探ってみました。科学と食の成果と新たな挑戦についてWebメディア「Minamoca Lab.」編集長の大嶋絵理奈氏、発酵という現象でつながる相馬佳暁さんと田中菜月さん、そして、電気の流れるフォークで味を生み出す電気味覚について中村裕美さんにお話を伺いました。

目次



LINK

Copyright © 2015-2019 NTT研究所発 触感コンテンツ専門誌ふるえ